シェアビジネスが活況に
洋服や高級車を共有
若者世代の消費傾向に

2017年04月10日号

  インターネットを通じ、モノやサービスを個人間での貸し借りや企業から借りる生活スタイルが広がっている。いわば「シェアリングエコノミー」で、アメリカの配車アプリ大手のウーバーテクノロジーズが展開するサービスが代表格だ。シェアビジネスは日本国内でも市場規模は20年には600億円規模になるとされ、備後、岡山エリアでも団塊世代の高齢化や女性の社会進出を背景に、モノをシェアするビジネスモデルの利用が増加している。シェアリングエコノミーの視点から、各社の営業戦略を聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録