4月16日執行の三原市長選挙
現職と前市議の一騎打ち

2017年04月20日号

 三原市の市長、市議会議員の選挙が4月9日告示となり、16日〔日〕の投開票日へ向けて熱い戦いが展開されている。前者は現職の天満祥典(てんまよしのり)氏と前市議会議員の新井静彦(あらいしずひこ)氏が争いで、後者は定員28人に30人が立候補。現職6人の引退を受けての選挙戦で新旧交代の波が寄せている感が否めない。任期満了に伴う4年に1度の選挙が盛り上がるか否かは各候補の訴えが有権者に響くかどうかで、それが票に結び付いてくるのはいうまでもない。残り数日となった選挙戦の行方をリポートする。西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン