「TSUTAYA」のモラブス
「生活提案型の商業施設」に
ファミマとコラボした店舗展開

2017年04月20日号

格安スマホ「TONE」が話題に
「TSUTAYA(ツタヤ)」は、ビデオ、DVD、CD、本のレンタルから販売までを手掛ける全国最大のチェーンとして知られている。その中でチェーン店として9店舗を展開し、決して大きくはないが、その事業内容で本部のカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱=CCC(本社・東京、増田宗昭社長)から一目置かれているのが㈱モラブス(福山市川口町4-20-8、濱田展宏社長、電084・981・1100)だ。CCCが展開する話題の店舗「蔦屋書店」(東京・代官山)のイメージを踏襲した「TSUTAYA新涯店」のオープンや、コンビニ「ファミリーマート」とコラボした店舗の展開、さらに格安スマートフォンの販売など、「生活提案の商業施設」を目指した事業を行っている。(西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録