農商工連携を目指すチーム渡邊
春の伊勢神宮内宮奉納を斎行
ハローズ・ジーベックが参加

2017年06月20日号

恒例化し広範な地域連携目指す

24時間営業の地場大手スーパー㈱ハローズ(本社=福山市南蔵王町6― 26―7、本部=岡山県都窪郡早島町早島3270-1、佐藤利行社長、本部電086・483・1011)とユニフォームや安全靴の製造販売を行う㈱ジーベック(福山市霞町2―1―2、後藤昇社長、電084・928・0001)は5月27日、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮に商品を奉納した。福山市立大学元教授で現三重大学名誉教授の渡邊 明さん(71)を中心とした“農商工連携を目指すチーム渡邊”(電090・4255・1534)の企画した事業で、広島県内2社と東海地方の事業所・団体など合わせて6社が商品を神楽殿に納めた=写真。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン