福山-鞆の浦トライアスロン
来年開催を熱望
国内外から257人が参加

2017年07月10日号

「瀬戸内海の景観の中で泳ぎ走り甲斐があった」
 福山トライアスロン協会(天野肇理事長・村上正高専務理事・横藤田晋常務理事)の主催で6月4日に開催された全国規模の「ローズカップ 福山-鞆の浦トライアスロン2017」(共催・福山市、日本トライアスロン連合=JTU)には257人が参加。北は北海道から南は長崎県までのほか、韓国、シンガポールなど海外からの参加もあった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン