広島県の求人倍率1・79
売り手市場で人材確保困難
離職率の低下が最善策

2017年08月10日号

少子高齢化社会を迎え、労働力人口が減少している。若年層を中心に売り手市場となり、広島労働局職業安定部職業安定課が発表した6月の有効求人倍率も1・79倍と1人の労働者に付き、1・79の仕事があるという状況だ。雇用も大手企業に向く傾向があり、備後・岡山地区の中小零細企業は人材採用難という経営課題を抱える。この売り手市場の中、労働力確保の方策とはー、採用コンサル会社などに聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録