大紀産業
スーダンに向け輸出着手
JICAから事業採択

2017年08月20日号

食品乾燥機メーカーの大紀産業㈱(安原宗一郎社長)は国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業(普及・実証実験)」に採択され、アフリカ・スーダンにPR用の食品乾燥機(生産能力1日360kg)計6台を設置した。同国は乾燥タマネギが主要産品でニーズの獲得を期待する。安原社長(45)は「ドライフルーツの好まれる東南アジアにも販路を拡大し、輸出は既存売上げの5%だが、20年には20%にしたい」と話した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン