岡山乗馬倶楽部グループ
ゲストハウスを開設
多角化経営を推進に

2017年09月01日号

乗馬施設経営などの㈱岡山乗馬倶楽部を中核とする岡山乗馬倶楽部グループ(西崎純郎代表)は施設内にレストラン機能を備えたゲストハウスを整備した。近年、体験型消費が伸びる中、乗馬し近隣を周遊するプランの受注も増しており、休憩施設の開設で受注に拍車をかける。西崎代表(34)は「ゲストハウスを拡張し滞在時間も長くなった。事業の多角化で馬に関するアカデミーも開設する計画も持つ」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン