瀬戸内ホールディングス
持ち株会社制に移行
シニア技術者の活用推進

2017年09月10日号

 

機械、プラント設備、土木建築、電気、情報システムなど総合設計企業の瀬戸内エンジニアリング㈱(桐野宏司会長、丸山武司社長)は持ち株会社制に移行した。既存の有限会社を組織変更し、持ち株会社の瀬戸内ホールディングス㈱(桐野宏司社長)に改組し、新たに60歳以上の技術者を受け入れる瀬戸内シニア設計コンサツタンツ㈱(小出博之社長)を設立した。桐野社長は「労働力不足を受けたテコ入れで、シニア層の技術者の確保は若手の技術研鑽にもつながる」と期待を寄せる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン