東京五輪のニーズ獲得に
地方都市にホテル出店
建設需要見込み新工場

2017年10月10日号

2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向け、備後地区の各社の需要獲得の動きが活発だ。五輪特需ではインフラ工事のほか、訪日外国人(インバウンド)も増加しており、需要を取り込もうと、宿泊特化型のホテル経営会社は対策に追われる。建設設備製造会社らも訪日客の増加に対応するため、設備投資を進めている。国内に大きな経済効果を生む、今回の東京五輪に向け、ニーズを取り込む各社に話を聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録