空港・鉄道・港湾活かした街
広島空港から彼方の国へ
隣国台湾と交流の歴史(21)

2017年10月01日号

 「空港編」はこれまで路線の改廃や訪日観光客の受け入れ態勢、臨空都市の在り方などについてリポートした。これは「空港を活かした街へ」と題したこの特集の一面を捉えたただけで、記者(筆者)が本編の先に見据えているのは「海外諸国との貿易及び人的交流にこの空港をどのように役立てるか」を問うところにある。このうち「人的交流」については様々な切り口があり、訪日客を受け入れるインバウンドがあれば当地域から海外へ出掛けるアウトバウンドもある。この号ではその出口である広島空港の先にある国を取材して、そこに暮らす人々とどのように繋がり、触れ合ってゆくかを考えたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録