2018年新春特集
備後漬物
新マーケットの創出に

2018年01月10日号

製造ライン

 新たなマーケットを生み出すのは苦難の技である。市場にあるさまざまな固定概念を打ち砕くだけの商品を生み出さなければならないからだ。その固定概念を打ち破り、キムチ製造国内3位となったのが備後漬物㈱(佐藤豊太郎社長)だ。先代社長で現会長の佐藤光信氏がサラダ感覚の「和風キムチ」でスーパー向けに販路を築き、現在では漬物業界では国内4位。近年では中食市場の拡大を受け、カット野菜事業も開始。漬物事業とうなぎ販売事業含めた3社で年商183億円規模に成長した。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン