2018新春特集 プロテック
社会の要求が高まれば
その分野のビジネスは成長する

2018年01月10日号

新社屋を建設し事業拡大へ
消防・防犯設備から介護まで

昨年建設した新社屋

 社会のシステムがめまぐるしく変わっていく中で、人々の「安全・安心・快適」への欲求は年々高まるばかり。㈱プロテック(福山市南蔵王町6―18―40、永井健三社長、電084・943・6444)は創業以来、生活の基本要件、衣・食・住の中でも「住」に特化し「人々の生命と財産を守る」を企業理念として事業を進めてきた。住宅、街頭、地域など様々なエリアに設置する「消防用設備」「防犯設備」など、人々の安全を守るシステムを手がけてきた。社会の要求が高まれば、その分野のビジネスは成長する。昨年、本社社屋が手狭になったため、社屋を新築し移転した。社会の要求に応えるために事業拡大に取り組む注目企業「プロテック」を取材した。(稲毛一郎)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン