菊池酒造
奇跡のお酒がヒット
11年から年商も2倍に

2018年02月01日号

ヒット作「奇跡のお酒」を持つ菊池大輔専務

 清酒メーカーの菊池酒造㈱(菊池東社長)は岡山県産の無農薬無肥料の米を使った清酒「奇跡のお酒」を看板に販路拡大を図っている。主力の「燦然」に継ぐ第二のブランドとしてストーリー性を武器に販売展開。11年の発売から「奇跡のお酒」の販売促進もあり、売上高も約2倍となった。菊池大輔専務は「奇跡のお酒を切り口に都市部の百貨店などに売り込んだ。海外向けにも自社を知って貰う絶好の商材」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン