ホリグチ
経営革新で収益性向上
グランプリで認知度も

2018年02月10日号

㈱ホリグチ
倉敷市真備町市場851―1
堀口真伍社長
電086・698・0366

 木製品製造の㈱ホリグチ(堀口真伍社長)は岡山県産のヒノキを使った家具製造を推進し業績を回復させた。オフィス系の天板のOEM生産を主力にしていたがリーマンショックで売上げは落ち込み、岡山県の経営革新計画を活用しヒノキ製の家具製造で受注を獲得した。堀口社長(41)は「今年7月期は3億5千万円規模の売上げ見込みと近年は安定した。今後は利益率の高いオーダー家具の受注を促進したい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン