三井住友信託銀行福山支店
CSへの取組部門で個別表彰
本社・髙橋常務にインタビュー

2018年02月01日号

全148店の中でわずか3店

三井住友信託銀行の髙橋寬・常務執行役員

 三井住友信託銀行(東京都千代田区丸の内)は、日本経済新聞社が昨年9月に全国の117銀行を対象に行った「銀行リテール(個人顧客業務)力調査」でメガバンクをおさえ首位に立った。評価を支えているのが「CS」、つまり「顧客満足度」。一方、同行福山支店(福山市元町15-1、電084・931・1101)では、本社が行った2017年上期表彰制度の「CSへの取組」部門で個別表彰されたが、全店(148店)の中でわずか3店というから特筆すべきことだろう。このほど福山支店を訪れた本社常務執行役員の髙橋寬さんに同店を含めた同行の取り組みなどについてインタビューした。髙橋常務は、同店を含め全国14店舗を管轄している。(西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン