食の侍が食の真実伝える
“奇跡の食”フォーラムを企画
「本物」は福山にも

2018年03月20日号

「本物の食材の大切さ」を追求し啓発活動も行うグループ“本物を伝える「食の侍」”(胃甲安俊代表)は2月18日、福山市霞町のまなびの館ローズコム4階大会議室で「奇跡の食のフォーラム広島2018―食の匠が語る、真実と未来―」を催した。予想を上回る250人が来訪し、備後地方においても食の安心安全に対する関心を寄せる人が多いことがわかった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン