ワイド岡山
日本最大のメガソーラー
瀬戸内市で試験操業開始

2018年04月10日号

牛窓オリーブ園から見た錦海メガソーラー

 岡山県南東部、瀬戸内市の錦海湾塩田跡地に建設された国内最大規模の太陽光発電所(メガソーラー)が試験操業を開始した。発電性能などのチェックを終えれば今年9月にも一般家庭8万世帯分の電力が供給される予定だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン