ワイド岡山
大正ロマンのタイムカプセル
夢二生家・少年山荘

2018年05月01日号

夢二が東京に建てたアトリエを再現した少年山荘

 観光シーズンを迎え後楽園北側に建つ夢二郷土美術館は全国から訪れた夢二ファンで賑わっている。しかし地元美術愛好家には彼の作品世界を体感する場として観光客の足が届きにくい邑久町の生家来訪をお勧めしたい。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン