明日絵
女性ファンを取り込みに
体験型消費で利用伸びる

2018年06月20日号

 デザイン業や倉敷美観地区で「いがらしゆみこ美術館」など運営の㈱明日絵(三城誠子社長)は体験型消費が伸びる中、いがらしゆみこ美術館の機能性を高める考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン