空港・鉄道・港湾活かした街(45)
福山駅と山陽新幹線①
鉄道編・番外編

2018年07月10日号

戦前に計画されていた「弾丸列車」

「弾丸列車」の計画を記した「新幹線輸送計画資料」の表紙(NHKBSプレミアム画面を撮影)

 弊誌の西亀 悟記者が書いている特集記事の鉄道編を見て感じることは、鉄道は100年以上経過しても敷設された当時の痕跡が残され、〝歴史の証人〟として、現代の我々に語りかけてくることだ。では、1975年に岡山-博多間に開通した〝新参者〟の山陽新幹線はどうかというと、在来線と同じように興味をそそられる。特に2階に在来線、3階に新幹線という、二重高架の構造を持つ、国内初の巨大な〝建造物〟が一地方都市にすぎない福山の中心部になぜ建設されたのかーー。「福山駅前再生ビジョン」が論じられている昨今、核となる福山駅と山陽新幹線について考えるのもムダではない、と考えている。 (西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン