ワイド岡山
岡山の星空は日本一
東アジア最大の望遠鏡が完成

2018年09月10日号

「せいめい」を収納する京都大学岡山天文台ドーム。

 星空の名所といえば信州や北海道が有名だが、専門家の間では岡山が日本で最も天体観測に適した場所とされている。8月には浅口市と矢掛町の境にそびえる竹林寺山に東アジア最大の望遠鏡「せいめい」が設置され、稼働を開始した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン