イージー
グループ企業と連携強化に
ブルーベリー狩りも実施

2018年10月01日号

 

道の駅かよう経営などの㈱吉備高原さつき育英会との共同パンフレットを持つ草地樹社長

 シバムラグループ(加賀郡吉備中央町、芝村啓三代表)の農産物生産販売業のイージー㈱(草地樹社長、草地奈三江社長)はグループ間の連携で販路を拡大させる考えだ。自社のほ場で栽培した米やブルーベリーの加工品を「道の駅かよう」(吉備中央町)経営のグループ会社などを通じ販売を促進。草地樹社長は「岡山に因んだ桃とマスカットのポン菓子など魅力的な商品開発にも力を入れる」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン