小野カレンダー
カレンダー製造早期化
新元号の導入を受け

2018年10月10日号

 

2019年5月のカレンダーを説明する小野英之社長

 カレンダー製造販売の小野カレンダー㈱(小野英之社長)は新天皇の即位での休日の変更などの細かな説明で顧客拡大を目指す。カレンダー業界では平成の天皇の退位・新天皇の即位など5日間の記載例を実施。カレンダー販売を主力とする同社では取引先から暦の情報提供の依頼を受け的確な対応で潜在ニーズを引き出す。小野社長は「カレンダーの刷新で製造作業を7月と前倒ししたことで閑散期が短くなり会社に活気が出た」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン