動き出した三原駅前の再生事業
成功への鍵握るホテルの在り方
周辺のに及ぶ波及効果(7)

2018年10月10日号

歓楽街とも共存へ

 こうした特集は「タイトルが与えるインパクトが命」といったところがあり、読者の皆さんの興味を引き、関心をもって本文へ読み進んでもらうことに心を砕いている。

  たとえば「動き出した三原の再生事業」の大見出しに続く「成功への鍵握る図書館の在り方」(18年8月1日号」や「成功への鍵握る広場の在り方」(同9月1日号)もその一つで、この号でも「鍵を握るホテル」とすればインパクトがあると思って「鍵」の字を付している。

 結局、この場所にできる全ての施設が鍵を握っていることになり「どれが本物の鍵なのか・・」と戸惑う人がいるかもしれないが、それぞれの施設が主役となってこの駅前という舞台で踊ってくれなければこの事業の成功はおぼつかない。

 この号では「ホテルが成功への鍵を握っている」理由についてリポートしてゆきたい。西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン