丸正製粉
瀬戸ファブールを商品化
直販で顧客ニーズ獲得

2018年12月01日号

 

瀬戸ファブールを説明する柾本健太郎社長

小麦粉メーカーの丸正製粉㈱(柾本健太郎社長)は岡山県産などの小麦を使った「瀬戸ファブール」を商品化した。同社は製麺や製パン向けに直販形態を主力に事業展開。製菓向けの瀬戸ファブールは10kg単位で販売するなどの手軽さでニーズを獲得する。柾本社長は「地元の小麦を使った商材はイメージが良い。販売に期待したい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン