ナッシュ
倉敷発のデニムスーツ発信
通信販売手法も組み込む

2019年01月01日号

 

倉敷美観地区の「インブルー」でデニムスーツの前に立つ光本琢磨社長

生地企画開発業の㈱ナッシュ(光本琢磨社長)はデニムスーツブランド「インブルー」のブランド力を強化する。西日本最大の観光地倉敷美観地区に店舗を開設し、デニムのまち・児島の企業が展開する商材として発信力を強めた。光本社長は「テキスタイル業を営む中、自社ブランドを確立し売れ行きも軌道に乗った。通信販売にも力を入れ需要を掘り起こしたい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン