2019新春特集⑥
福山駅前再生・再開発
伏見町でリノベーションが本格化

2019年01月10日号


官・民が一体となった街づくり
駅西地区にマンション、ホテル建設

西村啓二・都市環境研究所社長(築切家守舎取締役)

 福山市は2017年3月、福山駅前再生推進室を開設した。18年3月、再生協議会で検討して「福山駅前再生ビジョン」を策定。行政と民間が融合した、新しい方式の街づくりが盛り込まれ、夏ごろから民間のまちづくり会社㈱築切家守舎(福山市伏見町4—33、藤本慎介社長)のリノベーション事業が本格化した。新たな賑わいの創出に向け、官民協力体制の再生プログラムが進行している。一味違った新しい方式の街づくりに、市民の期待がかかる。福山駅前再生・再開発を取材した。 (稲毛一郎)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン