宮下酒造
観光施設の集客堅調
自社のファン作りに

2019年02月01日号

本社敷地内の「独歩館」には観光バスでの来場も増えた

宮下酒造㈱(宮下附一竜社長)は自社の清酒やビールなどを提供するレストランを備えた観光施設「酒工房独歩館」の集客が堅調に推移していると発表した。17年6月開設で初年度は年間5万人が来場。今年度は平成30年7月豪雨もあったが前年並みで推移し、工場見学含め自社商材をアピールした。宮下晃一専務は「中部や関西地区などから観光バスで来場されるケースも増えた。工場見学などを通じ自社のファン作りにつなげたい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン