菊池酒造
欧州向け輸出積極化
サケ・コンクールで大賞

2019年03月01日号

「ブリュッセル国際コンクール」の日本酒部門の「サケ・セレクション」ベルギーで受賞する菊池社長

清酒メーカーの菊池酒造㈱(菊池東社長)は世界的なワインコンクール「ブリュッセル国際コンクール」の日本酒部門の「サケ・セレクション」吟醸酒部門で最高賞を受け、欧州向けの販売に力を入れる。海外輸出は中国とアメリカが主力だが、受賞でイギリスやフランスの清酒需要を汲み取る。菊池社長は「輸出は売上げの2割ほどだが、5年後には3割と引き上げたい。国内市場も大阪や名古屋といった大都市圏の開拓を急ぐ」と話した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン