空港・鉄道・港湾活かした街
北前船のルートを復活へ
寄港地の自治体が連携(48)

2019年02月20日号

尾道で寄港地フォーラム

 この連載の「空港編」では広島空港が1993(平成5)年に開港。「鉄道編」ではこの地域に鉄道が敷かれたのが1891(明治24)年と記しながら、その生い立ちから現在までの歩み、営みをたどってきた。この「港湾編」はそれよりもずっと遡った1169年に尾道の港が開かれたときから始まる。その昔、平安時代(794ー1192年)末期の嘉応元年の頃であり、この地域の年貢米を積み出す港として公に認知されたのが起源とされている。歳月が流れて江戸時代に入ると「北前船」が寄港するようになり、国内各地との物流が盛んになった。このまちにはその名残が随所に残されており、その一つが北前船が寄港した各地とのネットワークであり、今日それを再び蘇らせ、交流を深めようとする試みが活発になっている。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン