備後地区で酒造業の参入活発
ワイン特区が追い風
独自性で販路開拓

2019年04月01日号

   広島県東部と岡山県西部の6市2町の備後圏域が「備後ワイン・リキュール特区」に認定されたこともあり、備後地区で酒造業に乗り出す業者が増えている。イタリア発祥のレモンリキュール「レモンチェッロ」の製造のほか、福山市中心部の商店街にワイナリーを開設した業者など、地域性を打ちだし需要獲得に躍起だ。各社の参入経緯や事業展開などを聞いた。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン