4/21投開票の尾道市長選
現職と3人の新人が立候補
現職の実績評価と多選批判

2019年04月01日号

新たな庁舎の主は?

建設中の新庁舎

4月14日〔日〕告示、同24日〔日〕開票の尾道市長選挙に4選を目指す現職と新人の3人が立候補を表明した。それぞれの主張で聞こえてくるのは多選の「実績評価」と「弊害阻止」で、これが有権者の投票にどのようにリンクしてくるかを探ってゆきたい。(SN)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン