シャンテ
運営施設の連携強化
伊の団体から認定

2019年05月10日号

矢掛町内の宿泊施設「矢掛屋INN&SUITS」

 群馬や広島、岡山県に宿泊施設を運営する㈱シャンテ(安達精治社長)は経営する矢掛・浅口地域の宿泊施設と連携した受注に力を入れる。笠岡諸島のクルージングプランなどを笠岡市内の宿泊機能を持った飲食施設「オーベルジュ美の濱流石」でも提案。体験型消費が伸びる中、周遊型の観光需要を獲得する。安達社長(65)は「笠岡市内での観光機能の拡充に加え、井原市内でも事業に着手したい」と話す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン