ワイド岡山
「永忠堤」完成
江戸時代の治水事業

2019年07月10日号

百間川を再整備

画面右の旭川と左の百間川を分岐させる石積み「亀の甲」

 国土交通省岡山河川事務所が実施していた百間川改築事業がこの度完了した。百間川は江戸時代に築造された人工河川で、その象徴的施設である石積みの堰(せき=小型のダム)が往時の姿を残す形で再建され、岡山藩郡代津田永忠の名前をとって「永忠堤」(えいちゅうつつみ)と命名された。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン