過去最高更新の観光客数
臨空圏域の三原と尾道
訪日観光客の増加に期待

2019年08月01日号

空港・鉄道・港湾活かした街へ(55)

「臨空都市」といわれるこの街を訪れる人は、大空の彼方から飛行機に乗ってやって来る。また「陸路」と「海路」が交差している街でもあることから、列車や船に乗って来る人も多い。
ほかにも高速自動車道を利用して車で来たり、近年は自転車を漕いでやって来るサイクリストの姿も目立っている。それぞれ乗り物は異なっていても、その目的の多くは「観光」であり「空港と鉄道、港湾を活かした街づくり」を実現するためには、この方面に重きを置いた施策が必要になってくる。
一口に「観光施策」と言ってもその有り様はさまざまで、この特集では空と陸、海の交通機関が交差する「地の利」を活かした施策はどうあるべきかについて考えてゆきたい。西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン