糖尿病専門医の小川院長に聞く
糖尿病患者のコロナ対策
免疫低下で重症化の恐れ

2020年07月10日号

「定期的な受診と3密避ける」

おかやま内科糖尿病・健康長寿クリニックの小川院長

 新型コロナウイルスの感染拡大は終息傾向だが、首都圏では依然感染者が確認されるなど予断を許さない状況だ。ワクチンが開発されるまで、第2波、第3波が懸念されている。特に新型コロナウイルス感染症では、糖尿病の基礎疾患のある人が重症化しやすいとされ、〔一社〕日本糖尿病学会認定糖尿病専門医の「おかやま内科糖尿病・健康長寿クリニック」(岡山市中区中納言4―31、電086・272・1439)の小川大輔院長(48)に対処法などを聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン