コロナ禍で経営環境に厳しさ
支援機関は対策を強化

2020年08月10日号

    コロナ禍の中、地場の中小や零細企業の経営環境に厳しさが増している。この状況に国や地方自治体も雇用調整助成金などの助成金や補助金を出すなどの支援策を打ちだし、各社にはウィズコロナでの新たなビジネスモデル作りといった自助努力が要求されそうだ。備後地区と岡山県の経営支援機関にコロナ禍での対応策について聞いた。 (高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン