三原駅前の再開発ビル
周辺の施設・機能をリンク
エリアマネジメントの働き

2020年08月01日号

空港・鉄道・港湾活かした街へ(83)

 言葉遊びではないけれど、鉄道の駅があるから「駅前」があるわけで、そこにはバスターミナルやタクシー乗り場、駐車場などが備わっている。ほかに自転車、バイクでやって来る人もいる。そう考えると、駅前は列車を乗降する人だけのものではないことが分かってくる。

 分かりにくいのがその範囲であり、どこからどこまでを駅前とするかで、この特集「駅前編」の視点が変わってくる。このほど三原にオープンしたホテル、図書館などは駅舎正面の空地に建てられた構造物に過ぎず、これをもって駅前の賑わいを創出できるわけではない。一帯の再生事業は周辺の施設、機能がリンクして成るもので、この街でその準備ができているかをみてゆきたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン