府中市の挑戦
強み活かしICTで補強
近未来志向でV字回復を

2020年09月01日号

 府中市が発表した「しあわせ府中2030プラン 第5次府中市総合計画」は今後10年を見据えた計画であり、福山市立大学都市経営学部渡邉一成教授を会長とする有識者20人による府中市総合計画審議会がまとめた答申に沿った、近未来志向の積極的な指針となっている。詳細について小野申人府中市長(64)に話を聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン