コロナ禍で働き方改革進む
多様な勤務態勢が構築

2020年10月10日号

    コロナ禍もあってテレワークの促進など働き方に変化が起きている。ウィズコロナではオンライン化が進むとされ、WEB商談の活発化のほか、生産性向上のため、サードプレイスとされるサテライトオフィスの利用が促進された企業もある。各社の動きを取材した。(高橋和孝)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン