しまなみ海道に誘客
JRが自転車を積んだ観光船
列車も専用車両で尾道へ運行

2020年10月10日号

空港・鉄道・港湾活かした街へ(89)

 鉄道と海、空の路は他圏と他圏を結ぶ幹線路で、それそれぞれの発着地となる駅や港、空港には道が繋がっている。

その道は高速自動車や国・県道などで、さらに市道や街路、路地などへと網の目のように広がっている。ほかにも

 「海の道」と呼ばれる道があり、尾道と今治間の島々を繋ぐ橋は「しまなみ海道」と呼ばれている。眼下に望む多

島美は国内はもとより海外へも知られ、各地から多くのサイクリストが来て渡っている。今回は彼らを自転車とと

もに運んでいる列車と船にスポットを当てながら、このサイクリングロードの開設に携わった人々の取り組みなど

知られざるエピソードを織り交ぜてゆきたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン