松岡 巖さん
松岡病院百周年コンサートなど
今年と来年に関連イベント開催

2020年10月10日号

「福山は優れた音楽文化都市」

松岡 巖さん

 松岡 巖(まつおか・いわお)さんというと、医療法人賢仁会 松岡病院(福山市宝町5-32、松岡亮平院長)の理事長として、産科・婦人科の医療に携わる一方、文化に造詣が深く、「まんが物語 福山の歴史」刊行の発起・制作(1985年)、地元陶芸家2代目藤本陶津作の茶陶のみを使用して表・裏・上田宗箇流の三派合同で茶会「陶津茶会」を福寿会館(同市丸之内)で開催(94年)、能楽・喜多流大島会(同市光南町)の会長、「福山シンフォニーオーケストラ」の理事長を務めるなど、長年にわたって地域文化の振興に貢献してきた。それらの功績が評価され、2017年に福山市より福山市善行市民表彰(文化賞)を、昨年11月には〔公財〕ひろしま文化振興財団から「令和元年度ひろしま文化功労者」として表彰された。90歳を迎えた今年から来年にかけてを節目の年として、記念イベントを企画している。   (西原 洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン