万里子の首都圏リポート㉗②
福山市東京事務所
所長 小川修作さん

2021年01月10日号

東京と福山のリソースとニーズをマッチング

小川修作さん

 昨年4月、コロナ禍渦中の東京へ。すぐに緊急事態宣言が発出され、なかなか思うように動けない中でのスタートとなった。感染拡大防止の観点から軒並みイベントが中止されてシティプロモーションが困難となったが、例年9月に行っていた「瀬戸内フェア」の代替企画として、11月24日から12月4日、無人のPRブースを、・9千人のオフィス人口がある・と言われる霞が関コモンゲート西館1階に設けた。観光パンフレットを設置し、各アンテナショップを巡るスタンプラリーを実施し、瀬戸内海の景色と特産物の観光PRを行った。参加都市は、福山をはじめ、堺・姫路・岡山・倉敷・呉・下関・松山・大分の計9市だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン