福山循環器病院
院長 向井省吾さん
「患者さんを安心させる」

2018年11月01日号

むかい しょうご(59)

シンプルかつ明確な言葉で
手術実績は昨年が326件
心臓血管外科で県東部最多

 福山市内にはハイレベルな治療能力を持つ病院やクリニックが多いが、34年の歴史を持つ特定医療法人財団竹政会「福山循環器病院」もその一つ。全国有数の循環器内科・心臓血管外科病院として知られ、昨年の心臓血管外科の手術実績は、県東部で最多の年間326件(開心術150件を含む)を数える。今年4月、4代目の院長に向井省吾副院長が昇格した。就任に際し、向井院長は医師・職員に対して「患者さんを安心させることがわれわれの使命である。そのためには言葉を含め、シンプルかつ明確でなくてはなくてはならない」とアピールし、実行に移している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン