福山市農業協同組合
代表理事組合長 山上一成さん
「食と農の交流館」完成

2019年06月01日号

直売所「ふくふく市」も
福山の魅力発信の場所に
座右の銘は「百姓来年」
やまがみ かずしげ(69)

 福山市農業協同組合=JA福山市(山上一成 代表理事組合長)が今年度中に完成する予定の新福山市体育館隣接地(福山市千代田町1-2-41、1ha)に、農産物の直売所と農業研修施設「食と農の交流館」(電084・999・8060)が近く完成、6月18日〔火〕午前10時から現地でオープニングセレモニーが行われる。同施設は昨年8月、福山市と同JAが協定を結び、農業振興と次世代農業者の育成強化を目的に計画したもので、直売所「FUKUYAMA ふくふく市」(延床面積1447・19㎡、売場面積756・99㎡)と農業研修施設(延床面積680・61㎡)で構成。設計は全農西日本一級建築士事務所広島管理センター(広島市安佐南区大町東)、施工は岡田石材㈱(福山市新涯町、岡田成弘社長)が担当した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン