㈱ププレひまわり
社長 梶原聡一さん
積極的な店舗展開と共に

2020年02月01日号

きめの細かなソフト面も
かじわら そういち(45)

 スーパーなど地元小売業界は、全国規模の業者からM&A(企業の合併や買収)や子会社化などを持ちかけられ、厳しい環境に置かれている。その中にあって〝独立自尊〟の精神を貫いているドラッグストアがある。ご存じ、㈱ププレひまわりがそれ。山陽路を始め、山陰、四国に121店舗を開設。その展開は積極的かつ、きめが細かく、全国規模のドラッグストアからも一目置かれている。その秘密を2年前に前社長の梶原秀樹会長から経営をバトンタッチされた梶原聡一社長に聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン