美作守香華院 妙政寺
住職 宇根 海静さん
令和の大改修を実現

2020年12月20日号

2代福山藩主の菩提寺

うねかいじょう(59)

 

 2代福山藩主・水野勝俊公(1598~1655年)の菩提寺「香華院 中本寺」として1573年頃に創建された日蓮宗「美作守香華院 妙政寺」(宇根海静住職)はこのほど、老朽化に伴い改修した位牌堂や、勝俊公正室(於若)の、新たに建てた墓などの落慶法要を営んだ。宇根住職は2015年(平成27年)の本堂(木造約900㎡)の大規模改修と、今回の一連の工事を「令和の大改修」として手掛けた。妙政寺は愛知県刈谷市にあったものを水野家と共に福山藩に引っ越した由緒ある寺院で、数々の大仕事を終えた宇根住職に地域に開かれた寺として今後の展開などを聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン