タカオ
「としまえん」から模型列車譲渡
来春にも本社工場内で運転へ

2020年12月20日号

地元にも大型施設など実績残す

フラワープリンセス号

 遊具、景観施設の国内トップメーカー・タカオ㈱(福山市御幸町中津原1787-1、高尾典秀社長、電084・955・1275)は、今年8月に惜しまれつつ94年の歴史を閉じた人気の大型遊園地「としまえん」(東京都練馬区向山、㈱豊島園=依田龍也社長=経営)から模型列車「フラワープリンセス号」を譲渡されたが、来春の運転開始に向け、同社敷地内の工場の一角で待機しており、訪問客を驚かせている。今回、譲渡された経緯を特集する。   (西原洋)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン