シバセ工業
社長 磯田拓也さん
風評被害は終息傾向

2018年12月01日号

多品種小ロットで強み

いそだ  たくや(58)

 プラスチックごみが海洋汚染の一因として問題視され、特にプラスチック製ストローは世界的な飲食企業が廃止の動きに乗り出すなど逆風が吹いている。その中、プラスチック製ストロー国内最大手のシバセ工業(磯田拓也社長)の動きに注目が集まる。ストローを飲料用以外にも工業用や医療用にも用途開発するが、主力は飲料用で風評被害は多大なものだ。逆風の中での会社の展開・展望を磯田社長に聞いた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン